コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

宙のニュースレター

2021.9.28

是非、導入していただきたい「1on1ミーティング」

facebooktwitterhatena

1on1ミーティングとは?

1on1ミーティングとは、コーチングスキルを身に付けた上司が部下を主役にして
定期的に時間を割き、部下の目標達成と課題解決をサポートする個別ミーティングのことです。

年に数回行われる従来型の定期面談とは違い、1~2週間に1回、15分~30分程度、
上司が部下の成長のために定期的に時間を割き、部下と1対1で行うミーティングのことです。

部下の成長を全力でサポートすることでチーム力を高め組織を活性化させるための「組織戦略」の一つです。
上司がコーチングスキルを活用して積極的に部下の話に耳を傾け、部下の課題解決と目標達成を支援することで
部下の「心理的安全性」が高まり、仕事に対する「モチベーションアップ」「早期離職の防止」にもつながります。

上司が部下のコーチ(サポーター)役として伴走型のマネジメントを行うことは、部下の成長や組織の活性化に限らず、「上司自身のマネジメント力向上」にもつながります。

 

なぜ1〜2週間に1回 1on1ミーティングが必要なのでしょうか?

今1on1が求められている大きな要因は、部下の成長なしではチーム力を上げることはできないからです。
組織が結果を出すためにはコミュニケーションの多様化に伴い単なる「情報の共有=ホウ・レン・ソウ」だけではなく、
部下が仕事にやりがいを見つけ、目標達成に向けて積極的に行動できるような「職場のコミュニケーション環境」を整備することが求められています。

つまり、上司と部下がお互いのことをよく知り合うための機会を増やし、安心して何でも話し合える信頼関係を築くことが大切です。
年に一、二回の面談では、インターバルが長すぎるので、部下は当初の目標を見失い、モチベーションも続きません。

また、上司も部下と情報を共有する機会が少ないと、部下の仕事内容や進捗状況が分かりづらく、成長や問題を発見することができなくなります。
1on1ミーティングで、部下個人に関心を持ち続け、日々の成長を承認し、共に課題解決に向けて取り組むことで、部下が成長するだけではなく、
上司もマネジメントスキルが上がることで大きく成長します。

上司が部下のことを積極的に理解しようとする姿勢は、部下との信頼関係を深めることで得られる「安心感のある職場づくり」には欠かせません。

上司のコミュニケーション次第で上司と部下が変わり、組織が変わり、お互いの人生そのものが大きく変わります。
部下の働き甲斐のある職場を部下と一緒に創り出すためにも、是非、「1ON1ミーティング」を導入されませんか?

部下と上司の笑顔を創り出す「1on1」ミーティング是非あなたの職場でも!!
導入に関するご質問、ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

1on1ミーティング | コーチング研修専門の株式会社宙sora (kurisu-sora.com)
お問い合わせ | コーチング研修専門の株式会社宙sora (kurisu-sora.com)

コメントをお待ちしております

お名前
メールアドレス
URL
コメント

月別アーカイブ

講演・セミナー・執筆・取材のご依頼は
こちらからお問い合わせください

  • 全国どのエリアでも対応可能です
  • フルリモートオンライン研修も始めています
077-526-7890
お問い合わせ
TOPへ
セミナー情報
宙のニュースレター
執筆書籍