コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

アメリカセミナーのご報告(2016年ワシントンDC&NY)

2016年12月9日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

IMG_1763IMG_1772IMG_1730IMG_0672IMG_0529IMG_0427IMG_1759IMG_1773

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8517IMG_8519IMG_0768IMG_0808IMG_0799IMG_1706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年は6月のワシントンDCセミナー、10月のワシントンDC&ニューヨークセミナー、11月のニューヨークセミナーと海外セミナー三昧の一年となりました。
香港、北京、上海で行った海外に暮らしている邦人向けコミュニケーションセミナーのアメリカ版として、
ワシントンDCやニューヨークで暮らしている素敵な方々とのご縁が繋がったことでセミナーをさせていただくことができました。
これもすべて御縁の先にさらに御縁を繋いでくださった皆様方のお陰です!
この場を借りて改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
海外で暮らしている日本人の数は平成26年度の統計で129万人。最も多いのがアメリカで約40万。
内トップはロサンゼルスの7万、ニューヨークは2番目の5万5千人いらっしゃいます。
駐在員として一定の期間滞在する人。国際結婚で永住する人。ビジネスで長期滞在する予定の人。
など日本人といってもその背景は様々です。
今回セミナーに参加してくださった方も日本人同士のカップル、国際結婚、シングル(パートナーの死亡や離婚の経験者、シングルマザー)、しかもアメリカだけにとどまらず他国への転勤、移住も経験済みという方も多くいらっしゃいました。
日本国内で当たり前となっている価値観が通用しない海外で暮らすだけでもエネルギーや覚悟、
語学力や知識、生活スキルが必要ですが、更にワールドワイドな視点で物事を考え受け止めるという
桁外れに大きな心の器を持っているということをコミュニケーションを通して気づかされたことが
今回の大きな収穫になりました。
また母国語でとことん聴くというコミュニケーション、自分の価値観に囚われない柔軟な思考力を見につけるコーチング、怒りの感情の心理教育アンガーマネジメントのニーズの高さを実感したのも
セミナーに参加してくださった皆様のお陰です。
病んでから心療内科やカウンセリングに通うのではなく、病まないための未病に役立つ
コミュニケーションスキルを身に着けることは、海外で生活を続ける上でリスクマネジメントにもなります。
特に子育てや夫婦の関係性、職場での人間関係など身近な人との信頼関係はコミュニケーション無くしては築いていけません。海外の限られた人間関係の中で埋没しないためにも、自由な発想でイキイキト暮らしている
素敵な方々と繋がる場を持つこと、そしてお互いの夢を応援し合うことの大切さも痛感しました。
3回の渡米で約150名の皆様とご一緒できたことは、次のビジョンに繋がる大きな力になりました。
今回のセミナーでシェアしていただいたことや、アンケートに寄せてくださった熱い思いを活かすためにも
来年度も海外に暮らす多くの日本の皆様のお役に立てるようなセミナーを開催していく予定です。
次回はどこの国になるのやら・・・
「お帰りなさい!」といっていただける場所がさらに増えるようにチャレンジしていきますので
皆様からの「この国のこの街に来て‼!」というリクエストをお待ちしています!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント