コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

宙のニュースレター

2012.3.26

セミナーに参加してほしいのはうちの上司です!

facebooktwitterhatena
ビジネスセミナーに参加してくださった方からよく聞かれる言葉です。 「今日のセミナーで取り組んだことはどれもこれももっともなことで、即実行したいのですが、この気持ちに水を差すのがうちの上司なんです。いつも何かをしようとするとブレーキをかけるので、やる気がなくなってしまうんです。このセミナーに本当に参加してもらいたい人はうちの上司なんです!」 そうですよね~せっかく「よし!さっそく試してみよう!やってみたらうまくいくかも!」と前向きな気持ちでチャレンジしようとしているのに、背中を押すどころか目の前に仁王立ちになり両手を広げて「止まれ!」と言われたのでは、今まで通り言われたとおりにしていたほうがトラブルを起こさず無難に済むかも…という気持ちになってしまいます。 つまり変わること、変化することにOKを出さないリーダーがいかに多く、それをシビアに冷ややかに見ている部下もいかに多いか・・ということです。 とにかくリーダー自身は自分を変えようとはしませんが、部下を変えようとしている方が多いのではないでしょうか? 自分が変わること、変化することは相手に従うことであり負けることである!という勝ち負けの罠にはまっているのかもしれません。 逆に言うと勝ち負けなどにはこだわらず、むしろ自分のプライドなど捨てて部下と一緒にセミナーに参加して部下の素晴らしい姿を承認するパフォーマンスを見せてくれる上司は、部下にとっては救いの存在です。 「うちの上司ってなかなかやるでしょう~だから僕らも少々仕事はきつくても上司と一緒に仕事をやりたくなるんですよ!」 こんなフィードバックが返ってきたら、私の仕事は完了です。 「所詮人は人でしか磨けません。 目の前の部下を笑顔にさせるのは上司であるあなたしかいないんです!そしてあなたを笑顔視させてくれるのは目の前の部下たちなんです!」 今回も思わずの言いたくなってしまったフレーズです。 とてもシンプルなことですが、レッツチャレンジ!一緒に取り組もう!という気持ちさえあれば、必ず組織は変わります。 あとはいかにそれを伝えていくか・・・今日もコーチとしての宿題を突き付けられました。

コメントをお待ちしております

お名前
メールアドレス
URL
コメント

月別アーカイブ

講演・セミナー・執筆・取材のご依頼は
こちらからお問い合わせください

  • 全国どのエリアでも対応可能です
  • フルリモートオンライン研修も始めています
077-526-7890
お問い合わせ
TOPへ
セミナー情報
宙のニュースレター
執筆書籍