コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

宙のニュースレター

2011.7.12

アジア陸上競技選手権大会に感動応援!

facebooktwitterhatena

7月10日(日)アジア陸上競技選手権 兵庫・神戸大会の最終日に神戸総合運動公園に行ってきました。
猛暑のなか、しかもファイナルが行われるのは午後の一番暑い時間帯ということもあり、まわりからは熱中症になるのではないか・・・と心配されながらも、完全装備で臨みました。
しかし、駅を降りるとものすごい長い列が・・・
この列はすでにチケットを持っている方が並んでいる列ということで、当日券を買う予定だった私はチケットを買うために、はるかかなたのチケット売り場まで歩いて行き、そこでチケットを買い求め、また入場者が並んでいる最後尾まで戻ってくるという炎天下のなかで、何とも過酷なスタートとなりました。
初めての生(ライブ)陸上選手権大会の応援をして感じたことは、世界を目指す人たちのエネルギーは半端ではないということです。
特に競技に臨むスタート時の集中力は、スタンドから見ていてもこちらの呼吸が止まるくらい、ヒシヒシと感じられます。
あらゆる現実(風、他競技の応援の声、体調やグランドコンディション)と向き合い、そこから逃げずにしっかりと自分の最高のパフォーマンスを出す!ということに立場をとっている選手は、きっと古代オリンピアの競技場の選手と一緒ではないかしらと・・・とはるか昔へタイムスリップするほどスリリングでした。

そして、私が心から尊敬して応援している女子3000M障害の第一人者、早狩実紀さんの登場です!
ライトブルーのシューズが躍動感あふれる走りにぴったりで、次々にハードルをクリアーしトップで目の前を通過していきます。
今年から本拠地をアメリカに移し、走りこんできた成果がはっきりと現れて、結果はダントツの優勝!
そして今朝、彼女からアジア大会出場選手に選ばれたという嬉しいメールが届きました。
全国都道府県対抗女子駅伝の京都チームの監督としても、素晴らしく輝いていましたが、やっぱり現役アスリートとして障害を越えていく姿は、水を得た魚のように軽やかで何よりも本人が楽しんでいるように見えました。
今回の大会を足がかりに次のステップに向けて、さらに挑戦している早狩さんや、沢山の素晴らしいアスリートの姿を見て、私も自分自身の次の障害への助走に入ったような気持ちになっています。
来月行われるアジア大会でも、最高のパフォーマンスが出せるよう、選手の皆さんのご活躍を祈っています!



コメントをお待ちしております

お名前
メールアドレス
URL
コメント

月別アーカイブ

講演・セミナー・執筆・取材のご依頼は
こちらからお問い合わせください

  • 全国どのエリアでも対応可能です
  • フルリモートオンライン研修も始めています
077-526-7890
お問い合わせ
TOPへ
セミナー情報
宙のニュースレター
執筆書籍