コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

経営者&リーダーが3月までにすること!

2021年1月31日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

日本は4月1日が年度初めいうことで(いずれ変わると思いますが・・)
入社日も入学式も4月に行われます。
そこで、経営者&リーダーが考えることは、4月1日に無事スムーズに
スタートできるような組織づくり(準備)ではないでしょうか?
例年、4月の新入社員研修に関しては年明けにご相談を伺う機会が多いのですが、
今年の新入社員研修に関しては、昨年の秋ごろからご相談をいただくことが
多くなってきました。
・主なご相談内容の一つは、研修方法(研修のやり方)についてです。
ライブの研修が難しい場合に備えて、zoom等のオンライン研修に切り替える場合、
事前にどのような準備をしておけばよいのか。
更に一回当たりの時間や人数に関して、ライブとの違いに関するご相談です。
昨年度は、コロナ禍の影響で、入社時期をずらしてライブの新入社員研修を
実施した企業様もありましたが、今年に関しても果たしてライブができるのかどうなのか・・・
どこかで決めなければなりませんので、ご不安も大きいようです。

研修方法に関しては、弊社ではライブもオンラインもどちらでも
できるように準備をしております。
【直前でも対応できますよ!!】とお伝えすると、
皆さん一様にホッとした表情を見せてくださるのが嬉しくて・・・
どんな状況でも学ぶ機会を失わせないように万全の準備をしています。

・次に研修のプログラム(研修メニュー)についてです。
研修の内容にもよりますが、マナースキルに関しては実際に体を動かしたり
声に出したりというトレーニングが必要です。
講師一人に対して画面共有の人数が多くなりすぎると、当然ライブのように
お一人お一人に対して十分なフィードバックができなくなります。
そこで、テキストは事前に塾同自主練をしていただいたうえで、
小部屋機能を活用した、ペアワークやグループワークを実施し、
カメラ越しに体を動かしたりロールプレイングにも挑戦していただく
内容にしております。
講師や研修担当者がこまめに小部屋を訪問し、全体画面に戻った際には、
各グループの代表メンバーにエアーコミュニケーション(名刺交換や訪問の挨拶等)を
どんどんやってもらい、全員でフィードバックします。

ライブ研修に比べて、カメラ越しとはいえ絶えず全員に見られているという緊張感が
受身の研修ではなく、積極的にかかわり発信せざるを得ない環境になりますので、
これはオンライン研修の良さです。
チャット機能やマークは勿論ですが、実際に手書きのカードを作成する等、
自分で考えうる限りのコミュニケーションツール作りも、事前の宿題とします。
ベテラン社員に比べて、新入社員の皆さんの方がはるかにオンラインに慣れていますので
むしろ新しい研修スタイルややり方にアドバイスをもらったり、一緒に工夫しながら
進めていくことで【研修が自分ごと】になるのではないでしょうか。

さて、では4月の新入社員研修の前の2月3月の間に
経営者やリーダーは何をすればよいのでしょうか?
まず、明日が入社式だ!位の感覚をもって動き出すことです!

毎年お世話になっている企業様とは、2月3月の間に
新入社員の上司候補者向けにコーチングとアンガーマネジメントを取り入れた
リーダー研修を始めています。
「コーチングスキル」と「アンガーマネジメント」を身に着けたうえで、
部下との「1on1ミーティング」の実践トレーニングに入ります。

特にリーダーになってから慌ててリーダー研修を受けるのではなく、
未来のリーダーとしての在り方や経営者の視点を学ぶためにも、
早い時期からリーダー研修の受講をお勧めしています。

さて、こうして新入社員を受け入れるための研修をしながら、
zoom機能をマスターし、プレ研修のモデルにもなっていただきます。
自分が新入社員だったころの気持ちを思い出していただきたいのです。
「昔は・・・」とか、「今の若いものは・・・」という口癖は一切NG!
これらの言葉を聴くことで、若手社員のやる気は萎むからです。

今年の新入社員がこの研修を実際に受けたら、どんな気持ちになるのか?
今の若者の視点で研修を受けながら、研修内容や研修スタイルの良い点改善点など、
研修の担当者(講師とも)とざっくばらんに話し合いながら体験していただきます。

新入社員は入社日前からこれから自分が働く会社の上司や先輩が、
日頃どの様なことを考え、どの様なコミュニケーションを交わしながら
仕事をしているのか・・・とても興味を持っています。
むしろ直接会う機会が少ない状況だからこそ不安を感じているのかもしれません。

そんな時にHPを見ると・・・自分宛てに経営者やリーダー自らの動画やコメントがあり
「今年の新入社員の皆さんに早く会いたいです!
そこで、さっそく私も新入社員研修のモニターとなってオンラインで受講してみました!」
等というメッセーがある!!
これは一例ではありますが・・・
このような取り組みも部下のやる気を引き出す最高の社内営業ではないでしょうか?!

価値観が多様化し、変化がスピードアップしている現代では、
従来のように上司は何でも知っている、できて当たり前という時代ではありません。
むしろ若い世代の方が、新しく便利なスキルを身に着けています。
柔軟な発想で物事を別の角度からとらえる能力が高い場合が多いのです。
だからこそ、レッツ!というスタンスで、入社前の2月3月に受け入れ側の
経営者やリーダーが若者たちのやる気を引き出し安心してチャレンジできる
職場の心理的安全性を高めるための取り組みにコミットメントしていただきたいのです。

㈱宙では、経営者&リーダーが新入社員の入社前に取り組む研修やセミナーなどの
ワークショップを数多くご用意しております。
今年の新入社員研修と合わせてどうぞお気軽にご相談ください。
研修は新人よりも、むしろ「分かってる&知ってる」と思い込んでいるベテランこそ必要です!

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント