コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

北京から届いた嬉しいメッセージ!

2020年7月9日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

今まで、香港・北京・上海・ワシントンDC・ニューヨーク等、海外で活躍する
多くの日本人の皆さまとセミナーや講演などでお目にかかる機会がありました。
このセミナーや講演がご縁で、友人になり家族ぐるみでのお付き合いに
発展した方々もいて、価値観の違うものの見方や考え方に触発されています。
(もちろん、国内のセミナーでも同じです)

そして出会った方々との繋がりは、私がコーチという仕事をしていなかったら
一生出会っていなかったわけですから、とても運命的なものを感じます。

そして世界各国で暮らす皆さんと心が繋がっていることは、
私の財産でもあり、何よりも大変勇気づけてくれる大切な存在です。

先日、北京の学校で教師としてご活躍しているAさんから、
とても勇気づけられるメールをいただきましたのでご本人の了解を得て
仮名でご紹介いたします。
Aさんとは以前お仕事のご依頼をいただき、研修の主催者とコーチ
という関係で、研修内容についてついて、かなり深いところまで
話し合って一緒に研修を作らせていただきました。
以下、Aさんからいただいたメールの抜粋です。
*******************************

突然ご連絡差し上げ増すことご容赦ください。
昨年の4月より3年の予定で、日本人学校の教員として勤務しております。

赴任以来、海外駐在員の子ども達の教育に携わり、その保護者の皆さま
とお話する機会が多く、栗栖先生の講義を思い出し、関わってまいりました。

また、このコロナ禍においては同じ学校に努める教職員や帯同家族の
不安や苛つき、子ども達の気持ちや保護者からの強い要望や不安な
気持ち等の対応で目の回るような日々を過ごしています。

日本におりました際に、ほんの少しの時間ですが先生と関わらせていただき、
聞かせていただいたお話が今の私の職務の支えともなっております。

実は日本人学校の私の事務机のシートの下には栗栖のお名刺
(先生が微笑まれている写真の入ったブルーの物です)を挟んでいます。

自分がいっぱいいっぱいになったときなど、そのお名刺が目に入ると
「アンガーマネジメント?!」等のキーワードが頭に浮かび、
少し疲れた自分に優ししなければと思えます。
本日は先生に是非お礼が言いたくてご連絡しました。

先生の言葉に助けられて、何とか海外生活を送っている人がいる
というご報告とお礼を伝えたくて、突然ですがメールをさせて頂きました。
時折、先生のブログにもお邪魔しています。
このような状況の中でも爽やかに活躍されているご様子に勇気を頂いています。

本当に想像もしなかった事態に驚くばかりです。
今後どうなるか想像すると暗い気持ちにもなりますが、今できる
事をできる範囲でしていくしかない。なる様になるの精神です。
「没办法(メイバンファ)」こんな中国語を覚えてしまいました。
意味は「しょうがない」です(笑)。

日本もコロナの影響が不気味に続き予断を許さない状況ですが、どうぞ
気を付けてお過ごしください。
先生のさらなるご活躍とご健康をお祈りしています。

********************************
何気なく伝えた言葉やコミュニケーションの一コマが、
誰かの心の中に生きていて、その人を少しでも助けることに
役立っているのであれば、これほどコーチ冥利に尽きることはありません!
だから、コーチは絶えず目の前の人に学ばせてもらい、
学び続けていけるのだと思うのです。
コロナ禍の一番大変な時に思い出していただき、本当にありがとうございます!
そして、自由に空を飛んで会いに行けるようになった時には、
今度は北京で、コーチングやアンガーマネジメントのプチセミナーを
させてくださいね!
必ず会えると信じて、その日を楽しみにしています!!!

 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント