コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

読売新聞にインタビュー記事が掲載されました(2016.11.21)

2016年12月7日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

読売新聞社滋賀版記事2016.11.26読売新聞社 滋賀版「近江と人と」で、ビジネスコーチとしての活動を掲載していただきました。
丁寧にインタビューと取材をしてくださった記者の岡本久美子さん、ありがとうございました。
パソナ時代の経験や起業した経緯、大津市女性活躍推進アドバイザーとしてお引き受けした経営者対象のセミナーの様子、これからのビジョンなど・・・
改めて今までの自分とこれからの自分を見つめなおすきっかけとなりました。
日頃は人の話を聴くこと、講座や場をファシリテーとすることが多いのですが、個人的にインタビューをされる経験はそれほど多くはありませんので、
とても新鮮な体験となりました。
記事を読んで、改めて人の夢や目標をサポートするコーチ自身の立ち位置
『在り方』をいつも作り続けていくことの大切さを痛感しました。
そしてコーチングを勉強し始めたころコーチに言われたひとこと。

『コーチはね「これで良し‼」と思った瞬間に成長が止まるんだよ』
その声がリアルに聞こえてきました。
・相手と自分自身の可能性を信じ切る。
・自分の価値観で決めつけない。
・上限・できない言い訳・変化に対する恐れを手放す。
・コーチに大切なのはコーチ自身の『在り方』
・自分を超える人を育てるリーダーシップ
・違う価値観を持った人を受け取る器づくり
などなど・・・コーチとしての課題はまだ山積みですが、
これを機にさらにチャレンジしていきますので、
皆様の温かい応援と叱咤激励をどうぞよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント