コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

宙のニュースレター

2012.4.30

未来の結果にとらわれている限り、前には進めない!

facebooktwitterhatena
今までにいただいた講座の参加者からのアンケートをまとめてみました。 講師への質問…というところに「〇〇したいのですができません、どうしたらいいでしょうか?」「〇〇ができないので私は自信がありません。どうしたら自信を持ってやれますか?」といった質問がとても多くありました。 つまり「不安で一歩前に進めないので、進むための答えをください! 」と、できない理由をいっぱい並べて、とにかく行動しない状態をキープしている状態といってもいいのかもしれません。 講座の中で、「答えは必ず自分の中にある」と口を酸っぱくして言っても、自分が本当に納得しない限り、自分の中にある答えを見つけに行こうとはしないということです。つまり自分自身を信じていないのです。 ではどうして自分を信じられないのでしょうか? 自分の中にある答えよりも、誰かのアドバイスや模範回答を求めてしまうのは、ある意味とても手軽で便利です。 もらった答え通りにやってみて、もしダメだった場合は、その答えを出した人のせいにすることができるからです。 たとえば、もし失敗したら人にバカにされる、笑われる、立ち直れそうもない、恥ずかしい、プライドが傷つく・・・など他人からどう見られるのか、他人からの評価がとても気になってしまい、自分で考えて自分で決めて自分から行動することにブレーキをかけ続けているのです。 ただし、『あなたのため』と言いながら答えを用意してくれる人を、あなたは本当に信用しているでしょうか? その人から言われたとおりにやって、もし上手くいかない場合は、ダメだった結果をその人のせいにしていませんか? その人に対して不満や不信感を持って、また新たに違うアドバイザー&先生を探し求めることになるのです。 答えを他人に求めている限り、自分が未来の目標に向かって一歩近づくことはありません。 同じ場所で足踏みを繰り返しているだけです。 少し苦しいかもしれませんが、私は自分の可能性を信じて自分自身としっかりコミュニケーションすることをお勧めします。 私は本当は何がしたいの?私はどうなりたいの?私はどうすれば笑顔になれるの? これらの質問の答えはあなた以外の人からもらえるはずがありません。 なぜなら、主語が「私」ですから、自分自身の中にある答えが分かるまで、自分自身とトコトン話し合うしかないのです。 簡単に楽になろうとすることは、夢や目標から背を向けて逃げていることです。 自分自身に質問を投げかけてみること!何度も何度も繰り返して尋ねるうちに、必ず答えのほうから近づいてきてくれます。 あなた自身があなたを信じ切れるかどうか・・・すべてはそこから始まっているのです。

コメントをお待ちしております

お名前
メールアドレス
URL
コメント

月別アーカイブ

講演・セミナー・執筆・取材のご依頼は
こちらからお問い合わせください

  • 全国どのエリアでも対応可能です
  • フルリモートオンライン研修も始めています
077-526-7890
お問い合わせ
TOPへ
セミナー情報
宙のニュースレター
執筆書籍