コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙sora

セミナー情報

「1on1ミーティング」成功のカギは「上司のコーチ力」

facebooktwitterhatena

1on1ミーティングとは、コーチングスキルを身に付けた上司が部下を主役にして定期的に時間を割き、部下の目標達成と課題解決をサポートする個別ミーティングのことです。
「1on1ミーティング」成功のカギは「上司のコーチ力」次第です。
1on1ミーティングを成功させるために、従来の面談と1on1ミーティングの違いをご紹介します。

1on1ミーティングとは?

年に数回行われる従来型の定期面談とは違い、1~2週間に1回、15分~30分程度、上司が部下の成長のために定期的に時間を割き、部下と1対1で行うミーティングのことです。

部下の成長を全力でサポートすることでチーム力を高め組織を活性化させるための「組織戦略」の一つです。上司がコーチングスキルを活用して積極的に部下の話に耳を傾け、部下の課題解決と目標達成を支援することで部下の「心理的安全性」が高まり、仕事に対する「モチベーションアップ」「早期離職の防止」にもつながります。上司が部下のコーチ(サポーター)役として伴走型のマネジメントを行うことは、部下の成長や組織の活性化に限らず、「上司自身のマネジメント力向上」にもつながります。「1on1」研修の他、「1on1制度」の導入、「2on1(コーチが1on1ミーティングに同席する)」「斜めの1on1(他部署の上司と部下での1on1)」についてもご一緒に取り組みます。

1on1の場合2on1の場合斜めの1on1の場合

 

従来型の面談と1on1ミーティングの違い

従来の面談の場合

従来型の面談と1on1ミーティングの違い1
目的 部下に対する評価の場
主人公 上司
イメージ マイナスイメージ
緊張感があり本音が言えない
頻度 年に1度か2度
時間 30分~1時間程度
実施までの流れ 日程調整、話し合う内容も上司が決める
話す内容 部下の評価
話す内容は決められている
本音を話しづらい雰囲気がある
年に数回の面談ではタイムラグがあり、モチベーションが続かない
結果として・・・ 上司と部下の間にズレが生じる
情報の共有はできても、気持ちの共有はできない
漠然としていて明確さに欠け面談後の満足度は低く、お互いの信頼関係もそれほど深まらない
コミュニケーションスキル 上司部下共に、コミュニケーションがスキルアップしない

1on1ミーティングの場合

従来型の面談と1on1ミーティングの違い2
目的 部下の成長の場
主人公 部下
イメージ プラスイメージ
信頼関係があり気軽に話せる
頻度 少なくても2週間に1回、月に2~3回程度
時間 15分~30分程度
実施までの流れ 日程調整・したいことも部下が決める
話す内容 話す内容は部下が自由に決められる
とことん聴いてもらえるので、安心して意見交換することができるようになる
タイムリーにフィードバックをもらえるので次への目標が明確になり、持続的にモチベーションが向上する
結果として・・・ 部下や組織の課題発見の場
部下の抱えている問題を共有し一緒にとり組むことで上司と部下の間に一体感が生まれ信頼関係が深まる
コミュニケーションスキル 上司と部下、双方のコミュニケーションがスキルアップする

株式会社宙では、「1on1導入プログラム」もご用意しております。
組織の意識改革・組織風土改革・人材育成力強化などに是非ご活用ください!

1on1ミーティングとは?メリットや実際の流れ、従来の面談との違いを解説 | コーチング研修専門の株式会社宙 (kurisu-sora.com)

月別アーカイブ

講演・セミナー・執筆・取材のご依頼は
こちらからお問い合わせください

  • 全国どのエリアでも対応可能です
  • フルリモートオンライン研修も始めています
077-526-7890
お問い合わせ
TOPへ
セミナー情報
宙のニュースレター
執筆書籍