コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

栗栖佳子 宙ブログ

日々の生活やセミナー等で出会った人との素敵なコミュニケーションの一コマをお伝えしています。

最新記事

月別アーカイブ

子どもの夢をかなえるコミュニケーションスキル ~大人のかかわり合い方を考えてみよう~

2017年12月21日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

野洲市講演会12月17日(日)滋賀県野洲市PTA連絡協議会様のお招きで講演をさせていただきました。
大変寒い中ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
また当日に向けて今年の夏ごろからご準備に取り掛かってくださった役員の皆さまに心からお礼を申し上げます。
当日のテーマはタイトルの通り、「子どもの夢をかなえるコミュニケーションスキル ~大人のかかわり合い方を考えてみよう~」
子育てに役立つコミュニケーションセンスをペアワークなどを通しながら体感していただきました。
本来、子育ては自分育て。
親が子供の成長をサポートしながら自分自身が成長していくプロセスなのですが、どうしても我が子のこととなると子供を見る視点が「未熟なところ」「できていないところ」「欠点」にに集中してしまいがちです。
では自分自身はどうなのでしょうか?
欠点のない完璧な人はいません。人間力には点数などつけようがないのです。
ところが、学校の成績、順番、優劣、早い&遅い、できる&できないなど評価が加わってくると・・・
加点方式ではなく減点方式になってしまいがちです。
これでは子供は思い切って新しいことや難しいことにチャレンジしなくなってしまいます。
本当は思いっきりチャレンジして、たくさんの夢をかなえてほしいと願っているのに・・・
そこでまず大事なのが、子どもの成長にかかわる大人(保護者・教師など)の在り方です。
つまり、目の前の子どもたちの素敵なところ、良いところ、好きなところを
一杯伝えられる人であることです。
人の好い所にフォーカスを充てるために必要なのは自分自身を承認できるということです。
つまり自分自身のグッドポイントにも焦点を当てて自覚し、
それを言葉にして表現できるコミュニケーションスキルを身に着けていることです。
「自分の良いところは無い!」という人に子どもの成長をサポートすることはできません。
人は人に認められて初めて「もっと成長したい!」という欲求が沸き起こってくるからです。
今回もご参加いただいた保護者自身が自分自身とコミュニケーションすることから始めました。
そして、子どもたちの良いところ好きなところを一杯伝えることを宿題にさせていただきました。
コミュニケーション次第で大人が変わり、子どもたちが変わり、学校が変わり、社会が変わることで
子どもたちの未来が大きく変わります。
琵琶湖のほとりからまたたくさんの笑顔が拡がってっていくことを信じて
心から応援しています!

IMG_7760

 

 

 

 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント