コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

アンガーマネジメントとは

衝動に任せて怒りを爆発させるのではなく、
上手にコントロールしてストレスを軽減し
メンタルタフネスを高めることです。

アンガーマネジメントは怒りの感情のメカニズムやコントロール方法を学ぶことで感情に振り回されて「後悔」しなくなるためのメソッドです。

コミュニケーションがストレスになる一番の原因は「怒り」の感情を上手に扱えないことです。そこで株式会社宙のコミュニケーション講座では、「怒り」の感情にフォーカスを当てた新しいメニューをご提供しています。
それがアンガーマネジメントです。
アンガーマネジメントは1970年代にアメリカで開発された「怒りの感情」と上手に付き合うためのプログラムで、アメリカでは子どもたちが学校で学び、ビジネスやスポーツなど幅広い分野で取り入れられている感情を理解するための教育メソッドです。
特別なスキルや才能は必要ありません。
「すぐにキレて人や物にあたる」「いつもイライラしている」「一度怒ると止まらない」「いつまでも怒り続けている」など怒りが発生するメカニズムや具体的なコントロール方法を学び練習することで、怒りやイライラの感情(anger)に振り回されなくなります。

アンガーマネジメント・イメージ

怒りの連鎖を断ち切ろう

強者から弱者への怒りの連鎖「怒り」の感情は、力の強い人から力の弱い人へ向かう傾向があります

怒りの連鎖は続き、この連鎖に巻き込まれた人は新たな「怒りのはけ口」を探し求めてまた「怒りの連鎖」に囚われ続けてしまうのです。
アンガーマネジメントでこの連鎖を断ち切ることができます。
自分の怒りを次の人に連鎖させないために、誰かの不必要な怒りを受けても自分でマネジメントして解消することができるようにアンガーマネジメントで怒りの連鎖を断ち切りましょう。

怒りの連鎖の例

そもそも怒りとは

価値観が多様化し、時代の変化がスピードアップした現代では、さまざま場面で「怒り」に振り回されることが多くなってきました。
そして、ほとんどの人は「怒りの扱い方」について難しいと思っています。
それは「怒り」について教育を受けていないからです。「怒りの取扱説明書」を持っていないので「怒り」に対して次のような間違った思い込みをしています。
例えば…

●怒ることはいけないこと
●怒りっぽい人は嫌われる
●怒りを抑えられないのは恥ずかしいこと

しかし、怒りの感情は他の感情と同じで人間にとってごく自然な感情です。特に身を守るための「防衛感情」とも言われ、なくすことはできないのです。
また、スポーツなどでは「怒り」がプラスに働き目標達成のエネルギーやモチベーションにもなります。
怒ってはいけないのではなく、アンガーマネジメントで「怒りの扱い方」を理解し、相手に伝わる「怒らない伝え方」を学ぶことが必要なのです。

アンガーマネジメント写真アンガーマネジメント写真

アンガーマネジメントを活かす

アンガーマネジメントイラスト1
【職場で】部下の育成や各種ハラスメント対策に効果的です

コミュニケーションがストレスになる一番の原因は「怒り」の感情を上手に扱えないことです。そこで株式会社宙のコミュニケーション講座では、「怒り」の感情にフォーカスを当てた新しいメニューをご提供しています。
それがアンガーマネジメントです。
アンガーマネジメントは1970年代にアメリカで開発された「怒りの感情」と上手に付き合うためのプログラムで、アメリカでは子どもたちが学校で学び、ビジネスやスポーツなど幅広い分野で取り入れられている感情を理解するための教育メソッドです。
特別なスキルや才能は必要ありません。
「すぐにキレて人や物にあたる」「いつもイライラしている」「一度怒ると止まらない」「いつまでも怒り続けている」など怒りが発生するメカニズムや具体的なコントロール方法を学び練習することで、怒りやイライラの感情(anger)に振り回されなくなります。

アンガーマネジメントイラスト2
【家庭で】大切な家族の心の安定と成長に役立ちます。

身近な人に強く怒ってしまうのも「怒り」の特徴です。
「言わなくてもわかってくれるはず」「自分が思うように相手は変わるはず」という思い込みや甘えが原因です。
一番身近で大切な家族こそ、「怒り」を「感情」で伝えるのではなく、「感情」を「わかりやすく」伝えることが大切です。親がアンガーマネジメントをすると、親自身が「イライラ」から解放されるので子育てが楽しくなります。また親の感情が子どもに伝染するので、子どもの心の安定と成長にも大変役立ち、夫婦のパートナーシップも育まれます。
子どもを対象とした「キッズ講座」や保護者向けの「子育て講座」がお勧めです。

アンガーマネジメントイラスト3
【学校で】いじめ・体罰・保護者とのトラブル・・・。全て「怒りの感情」が原因です

アンガーマネジメントで、「自分の感情を大切にすること」と同時に「相手の感情も大切にすること」を学びます。これは人生を豊かに生きていくための基盤です。
アンガーマネジメントを学ぶと、「怒りの衝動」「怒りの感情」「怒りの行動」をコントロールする力が身につくので教職員や保護者はもちろんのこと、児童・生徒にとっては一生の財産になります。
教師がアンガーマネジメントを身につけると、「怒る必要のないもの」は怒らずに済み、「怒る必要のあるもの」は適切に怒ることができるようになります。
その結果、学校が安心、安全な場になり、児童・生徒や保護者との信頼関係が深まります。
学校の差別化や生徒の学力向上、スポーツなどの部活指導にも大変役立ちます。
教職員のスキルアップ研修や児童・生徒、PTAの講座にもお勧めです。

アンガーマネジメントの対象者別活用方法はこちら