コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

コーチが勧める「新人社員のフォローアップ研修」

2017年8月21日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

サカノシタ様の写真

毎年新入社員研修をさせていただいている京都市内の商社S株式会社様で、新入社員+若手社員のフォローアップ研修をさせていただきました。
入社当初、名刺交換や電話応対、営業のロールプレイングで何度も失敗を繰り返していた彼らが、こんなに自信を持って自社の課題解決に向けてディスカッションをするようになっているとは!
特に、同僚の話を聴く態度、自分の考えを伝えるボキャブラリーは格段にレベルアップしていました。
そして今回の研修で彼らが目標として挙げたのは「コミュニケーションのスキルアップ」と「やる気の引き出し方とモチベーションの維持」
まさにコーチングセンスそのものです。

日頃はそれぞれ違う場所で仕事をしていても、そこは同期。
仕事をすることで成長したと感じた事。嬉しかったこと。そして今少し困っていること等、
グループディスカッションをすることで、肩の力が少し抜けて、明るい笑顔が見えてきました。
これがフォローアップ研修の効果です。
そしてこの機会を与えてくれた会社で仕事ができることは、とても幸せなことです。

毎日覚えることばかりで、失敗も多く、思い通りにいかないのが現実でしょう。
しかし、先輩や上司からの指示で仕事をするだけではなく、
■もし自分が上司だったら・・・
 部下に対してどのようなコミュニケーションをとって「部下のやる気を引き出そうか?」
■もし自分が部長なら・・・ どんな組織風土を目指そうか?
未来の成長した自分ともミュニケーションをしてもらいました。

なぜなら来春、後輩が入社してくれば間違いなく頼りにされる「先輩」になるわけですから、
自分の目の前のことだけに気を取られているようでは後輩のサポートはできません。

来春から後輩を育成することは、経験を積んだ彼らに与えられた特別な使命です。
そのためにも人を勇気づけ励ますコミュニケーションをブラッシュアップすることは、
自分自身が成長し、大切なお客様との信頼関係にも活かされる財産になります。

どこまで行っても社会の現場で試されるのは「人間関係調整能力=コミュニケーションスキル」です。

彼らの可能性は無限大です。
まだまだ凸凹した部分はたくさんありますが、今はそれが魅力。
自分らしさを大切にしながら、お互いに切磋琢磨して次のステージに進んで行くチームだと
心から信じて、大きなエールを送ります。

 

 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント