コーチングでコミュニケーション力アップ 株式会社宙

ブログ

栗栖佳子 宙ブログ

日々の生活やセミナー等で出会った人との素敵なコミュニケーションの一コマをお伝えしています。

最新記事

月別アーカイブ

今期の「コミットメント」宙は9年目を迎えました!

2017年5月3日
facebookでシェアするtwitterで投稿するGoogle+に投稿するはてなブックマークに登録する

株式会社宙は、2009年5月1日琵琶湖の畔で誕生し、無事9年目を迎えることになりました。
これも皆様からの温かいご支援とご声援のお陰と心よりお礼を申し上げます。

ビジネスコーチとして「コミュニケーション次第で人が変わり、組織が変わり、人生が変わる!」ことを。
そしてコミュニケーションコーチとして3人の子育てと仕事と両親の介護に奔走していた経験から
「人は人によって磨かれる」ことをお伝えたいと思い取り組んでまいりましたが・・・
実は、コーチングのお仕事をさせていただきながら私自身が非常に多くのことを学ばせていただきました。
またセミナーや研修、講演会では「人は人に出会い&自分で気づくチャンスがあれば必ずプラスに変化する」
という現実を毎回それぞれの現場で見せていただくことで、コーチングで人生が変わることに
確信を持たせていただきました。
これもコーチ冥利に尽きることと、心から皆様に感謝を申し上げます。

個人セッションや企業(団体)研修、女性の活躍推進や起業セミナー、子育てや教育関係、海外駐在員やそのご家族、医療・介護、福祉、アスリート研修等、私のコーチングのお仕事は相手も業種も年齢も問いません。
しかし多種多様なリクエストに対して私が取り組む際に心の留めていることは次の3つです。

➀相手の中に答えはあると信じる
②相手の中には問題を解決し、結果を出せる能力や可能性があると信じる
③その答えや能力、行動力を引き出すのがコーチの仕事

➀②を信じ切れるかどうか・…これがプロフェッショナルかどうかの境界線です。
ややもするとコーチングをティーチングしてしまいたくなります。
「つい教えたくなってしまう。」「良かれと思って自分の考えや経験を教えたくなる。」
皆さんもこのような気持ちをお持ちなのではないでしょうか?
特に経験が豊富で、人を応援しようとする善意のある人。
または教えるのが好きな人は、何の迷いもなく教え続けてしまいます。

勿論、教育や躾など知識やスキル、ノウハウを教え与えることはとても重要です。
しかし普段のコミュニケーションまでもがティーチング一辺倒になってしまうと問題が発生します。
時代の変化がスピードアップし、価値観のギャップが大きくなっている今だからこそ、
答えの出ないもの、模範解答のないものについては自分で考えて自分で判断・決断する力が必要なのです。
この力は激動の世の中を自分の力で最後まで生き抜くための力「人間力」です。

この生き抜く力を育み強化するためには、誰かに、何かに正解を求めるのではなく、
じっくり自分自身と向き合い、自分の中にその答えを探しに行く「自問する経験と時間」が必要です。
これがコーチングです。

自分の能力や可能性に上限を設けずに、自分が囚われている思い込みや刷り込みを手放す。
自分が思い描く夢や目標に向かってチャレンジする勇気と覚悟が自分の中に生まれた時に
初めて人の「行動」が変わります。

「コミュニケーション次第で人が変わり、夢が叶い、人生が変わる!」
この言葉が、いつでも・どこでも・誰もが当たり前のことととして言えるように、
私自身が世界中でチャレンジをしてまいります!
これが今期、私が掲げるコミットメントです。

私たちが年齢や性別、キャリアの有無に関わらず、お互いを勇気づけ励まし合える社会風土づくりに、
少しでも貢献できるよう全力で取り組んでまいりますので、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント